事業と文化

事業について

東京・大阪・高知を拠点に土佐料理屋を「祢保希」「司」「酔鯨亭」の3ブランドで展開第1号店の創業から2017年で100年目となりますその間の経験を生かし新たに力を注いでいるのが食品事業オリジナル商品の開発・販売を行っています

加寿翁の沿革

社風について

100年老舗郷土料理これらの言葉が並ぶと「伝統を大切にする古き良き風土」をイメージする方も多いでしょう180度発想を転換してください時代のニーズに耳を傾け「革新に挑む姿勢」があって初めてお客様に愛され続ける店=老舗と呼ばれる存在になれるのです守るべきものは守り変えるべきものは変えていく当社ではその「バランス感覚」と「チャレンジ精神」を大切にしています

食材について

何より「自然との調和」を大切に食材選びを行います例えば鰹は循環型漁法である「一本釣り」されたもののみを使用し生態系への配慮を忘れませんまた天敵農法が盛んな高知県産の低農薬野菜を使うなど自然のサイクルが守られることを願っています

加寿翁のこれからについて

会社全体としてはまず「食品事業」を第2の柱として成長させていきたいと考えていますただしこれは店舗の発展なくしてありえません商品開発には何より「祢保希」「司」のブランドらしさが必要です店舗で働くことになる皆さんは直接お客様の反応にふれられる点で重要なマーケティング要員どんなニーズがあり当社に何が期待されているのかをぜひ積極的に意見してください

想いについて

100の店舗を出す店より100年続く店でありたい当社のスタンスはチェーンレストランなどとは異なります急速な規模拡大よりも企業の永続性に重きをおき堅実に成長してまいりましたですから働く社員は「家族」も同然一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮しまた高めていくことで充実した人生が送れることを心から願っています社員の幸せこそが会社の財産でもあるのです

会社理念

エントリー

1つでも当社への共感ポイントが見つかったら、それも何かのご縁です。
あなたのご応募をお待ちしています。

エントリーページへ エントリーページへ

関連するコンテンツ