営業次長 松田 美穂 2010年4月 入社

インタビュー

Q1 現在の仕事について、教えてください。

まもなく創業100周年を迎える中、初の女性店長を目指して日々奮闘中です。現在は店次長の立場で、店舗運営のマネジメントも勉強中です。また、接客責任者としてスタッフの目線にも配慮し、全員に気持ち良くしっかりと働いてもらうためには、どんな指導をしたらよいか、日々考え、実行しています。

Q2 職場の雰囲気は、いかがですか。

メリハリのある職場だと思います。仕事の話を真剣にしている時もあれば、一息つくための雑談を交える等、やる時はやる、抜く時は抜く、そんな職場です。また、仕事終わりに女子会をすることもあります。仲間同士で悩み相談をしたり、ストレス発散ができるので、また明日も頑張ろうって思えます。

Q3 司に入社された理由を、
お聞かせください。

「土佐料理」という初めて聞くジャンルに興味を持ち、和装で接客できることに惹かれました。また、来店されるお客様は首相を始め、日本の経済を牽引する財界人が多く、そういったお客様に対して、一流のサービスを学ぶ事ができるといった点が魅力だと思いました。

Q4 どのようなところに、
やりがいを感じますか。

お客様と仲良くなれたり、「美味しかった」「ありがとう」といわれたり、たくさんの人と触れ合いながら元気をもらえることが、大きなやりがいです。初めてお客様が私の名前を覚えてくださり、再度ご予約でお声がけをいただいた際には、非常にうれしく感じたのを覚えています。

1日の流れ

  1. 1レジ周りの準備

    まずレジ周りを整え開店できる状態にしたらメールやFAXでいただく予約相談をチェック担当に振り分けます

  2. 2今後の予約管理

    予約電話の対応をしつつ今後の状況を把握するための予約表を作成しますまた夜の分の予約伝票の打ち込みなども

  3. 3部下の指導は丁寧に

    着物の着付け方や店内掃除など接客を行う者として徹底すべきことは部下にも丁寧に伝えるようにしています

  4. 4全体を見回す役目

    接客中はお客様のことはもちろんスタッフの動きまで見渡したり閉店後は営業報告を行うなどの役目も担っています

1レジ周りの準備

まずレジ周りを整え開店できる状態にしたらメールやFAXでいただく予約相談をチェック担当に振り分けます

3部下の指導は丁寧に

着物の着付け方や店内掃除など接客を行う者として徹底すべきことは部下にも丁寧に伝えるようにしています

2今後の予約管理

予約電話の対応をしつつ今後の状況を把握するための予約表を作成しますまた夜の分の予約伝票の打ち込みなども

4全体を見回す役目

接客中はお客様のことはもちろんスタッフの動きまで見渡したり閉店後は営業報告を行うなどの役目も担っています

事業と文化

「土佐料理」発祥の店として、私たちが守り、
大切にしている価値観について、お話させてください。

事業と文化ページへ 事業と文化ページへ

関連するコンテンツ